カラコンのトラブルを防止!まずは眼科で検査しよう。

カラーコンタクトは、瞳を大きく見せたり色を変えたりなど、学生だけでなくOLにも人気のアイテムです。そんなお洒落に欠かせないカラコンですが、間違った使い方をすれば視力障害やドライアイ、結膜炎や角膜感染症などの病気になるおそれがあります。

 

まずは眼科へ行こう

ネット通販で手軽に買えることもあり、眼科を受診せずにカラコンを使っている人は多いのではないでしょうか。自分に合わないものを使っていれば、目の中でカラコンがずれたり、目にトラブルが起きるおそれがあります。また、検査をしたときにカラコンをつけられない体質だったと判明する人もいます。視力はもちろん、目の形や状態は人それぞれ違います。カラコンを利用する前はもちろんのこと、定期的な検査も受けるようにしましょう。

 

検査費用は、保険が適用されるので1,000円から2,000円くらいです。検査内容は下記のようなものですが、病院によって多少異なります。

 

・問診…目の病気やアレルギーがあるかなどを先生から聞かれます。
・角膜曲率半径…角膜のカーブを計測します。
・視力検査…視力だけでなく、近視・遠視・乱視なども検査。
・眼圧測定…眼球の固さを調べます。
・角膜内皮測定…角膜内皮細胞の数や大きさを調べます。
・正しいカラコンの取り扱い方や注意することなどの説明。

 

安全なカラコンを正しく使うことが大事

頻繁に使うものだから、できるだけリーズナブルなものを選びたくなりますよね。海外製の激安製品のなかには、カラコンから色素が溶け出すような粗悪品も混ざっているため安全だとは言い切れません。厚生労働省からも海外製品ついて注意喚起をしています。

 

カラコンは高度管理医療機器とされているため、販売するには厚生労働省の認可が必要になっています。そして厚生労働省から認可を受けているカラコンには、高度医療機器承認番号というものが書いてあります。つまり、日本で販売しているカラコンは、厳しい安全基準をクリアしているので安心して買うことができます。

 

どんなに安全な商品でも、間違った使い方をすればトラブルが起こります。面倒くさがらずに、寝るときは必ずカラコンを取り外すほか、1週間に1、2回はカラコンをつけずに目を休ませてあげましょう。

 

まとめ

人によって目の形や状態が異なるため、自分の目に合ったカラコンを使うことが大事です。そのために、まずは眼科を受診しましょう。検査費用は1,000円から2,000円ほどで、検査内容は、問診や眼球のチェック、使い方の説明などです。もちろん、長時間つけっぱなしにしないことや定期的に眼科を受診すること、安全な商品を使うことも大切です。せっかく可愛いカラコンをつけるのだから、安全に楽しく使いたいですね。